一般媒介契約のメリットと留意点

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

そのほか「一般媒介」契約があります。これは複数の不動産会社と媒介契約を結ぶことが可能で自ら買主を探して売買契約を結ぶこともできます。一般媒介は契約を結んだ複数の業者間で物件の情報を共有することになるので、物件を探している買主に対して幅広い情報から物件を紹介できるメリットがあります。
しかし不動産会社からすると他の業者に対して独占的に取引の媒介業務を行うことができないので売主に対するサポートは非常に手薄なものになりかねません。

買取保証専任媒介契約など1社に絞った媒介契約と複数の不動産会社と契約できる一般媒介契約とどちらにメリットがあるかはその宅地物件の立地条件や物件の特徴、売主の希望する売却条件などによって異なってきます。
専任媒介契約などを結んだ時のメリットは売主と不動産会社が1対1で契約を結ぶので不動産会社は熱心に買主を探してくれる傾向がある点です。
また専任で媒介契約を結ぶことで無料の特典を提供している不動産会社も多く、例えば売った後の住宅設備故障に対して補修費用を2年間500万まで保証する特典などがあります。
そのほかにも「買取保証」という一定期間内に家が売れなかった場合に不動産会社が買い取ってくれるという保証です。家を売らないと次に住む場所がないという人には有効な保証となります。

売却後の留意点ですが契約終了後の2年間は契約期間中に紹介された買主との直接取引をしてはいけないことになっています。中には仲介料を払いたくないがために意図的に媒介契約の期間を終了させてから直接取引を行おうとする人もいるのでそれらの行為を防ぐ規程となっています。契約終了後に直接取引して売買が成立した場合でも仲介手数料は紹介した不動産会社に払う必要があります。


専任媒介契約とは

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

不動産会社「専属専任媒介契約」に比べるとやや幅を利かせた媒介契約が「専任媒介契約」です。
基本的に契約を結べる不動産会社は1社のみで定められた規定はほぼ「専属専任媒介契約」と変わらないのですが、「専任媒介契約」は買主を自分で見つけてくることができ、不動産会社を通すことなく直接買主と交渉し売買を進めることができるという点です。
契約期間も依頼者にとって拘束力が強いため有効期間が3ヶ月以内と定められおり不動産会社は仲介依頼を受けた物件の情報を指定流通機構へ登録を契約を結んで7日以内に行い業務処理状況の報告は2週間に1回行うことになっています。

不動産会社が他の不動産会社へ物件情報を提供する目的は宅地物件の最適な買主を迅速に探すことが目的です。
これにより他の不動産会社から買主の情報を得ることはできますが、専任媒介契約を結んでいる不動産会社しか仲介に入ることはできないので契約を横取りされることはありません。
反対に宅地物件の情報が提供されなければ最適な買主を探す範囲が小さくなります。これは不動産会社が自社の購入希望顧客との取引を優先して情報を不動産会社が抱え込んでしまう不適切な行為を防ぐためでもあります。
つまり不動産会社が限られた人にだけ情報を提供するということがないようするためなのです。


専属専任媒介契約の特徴

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

媒介契約の3に形態にはそれぞれの特徴がありメリット、デメリットがあります。まずはそれぞれの特徴を理解して自分の家を売るにはどの契約が合っているのかを判断することが大切です。
またどの媒介契約を結ぶにしても大切なのは希望の売却条件、売却後の仲介手数料、媒介契約の有効期間、不動産会社の義務などを明確にしてしっかりと自分の意思を伝えることです。

専属専任媒介契約「専属専任媒介契約」とは仲介を不動産会社1社のみと契約を結ぶことで他の不動産会社と重ねて仲介を依頼することは禁じられています。
さらには自分で買主を見つけてきたとしても媒介契約を結んだ不動産会社を通して取引を行うことが義務付けられています。
このことにより不動産会社からすれば買主を他の不動産会社に取られるということがなくなります。
したがって具体的に細かく手厚いサポートを受けることができ買主を探すことも全面的に不動産会社に任せることができます。
また不動産会社は指定流通機構へ物件の登録を契約して5日以内に行い、業務処理状況の報告を1週間に1回は必ず行う義務がありますので、他の契約より丁寧なサポートを得ることができます。
しかし不動産会社に課せられている義務があると同時に依頼者に対しても制約が多くあるので拘束力が非常に強い契約でもあります。


家を売る為の媒介契約

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

家の売却家を売るには買主を探さなければなりません。
そして様々な手続きなどが必要になります。
それらの作業をサポートしてくれるのが不動産業者です。
自分の家がどれくらいで売れるかを調べるときはたくさんの不動産会社に査定をしてもらうことは可能です。
そして不動産会社から知識と情報を得ることもできます。
家を売ることを決めたならほとんどの場合は不動産会社が仲介に入って買主とのやりとりをサポートしてもらいます。
この時に不動産会社との売買の仲介を依頼するのに媒介契約を結ぶのが一般的です。

媒介契約を結ぶことで不動産会社が売買契約に必要な書類や手続きをおこなってくれて買主を探すための情報の提供や宣伝などもおこなってくれます。そして最終的な買主との売買の契約を成立させてくれます。
家の売買が成立することで不動産会社に支払うのが仲介手数料となります。この仲介手数料は家が売れた後の発生するものなので媒介契約を結んだだけでは不動産会社に仲介手数料を払う必要はありません。したがって仲介手数料は成功報酬ということになります。
その仲介手数料も法律で上限が定められているので不動産会社によって大きな差が出ることはありません。
家の売却価格相場を知るために複数の不動産会社に査定を依頼することはありますが、媒介契約を不動産会社と結ぶ場合、基本的には一つの不動産会社に絞るようになります。
その媒介契約を結ぶのに媒介契約の形態は3つの形態に分かれています。その形態は「専属専任媒介」「専任媒介」「一般媒介」となります。