専任媒介契約とは

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

不動産会社「専属専任媒介契約」に比べるとやや幅を利かせた媒介契約が「専任媒介契約」です。
基本的に契約を結べる不動産会社は1社のみで定められた規定はほぼ「専属専任媒介契約」と変わらないのですが、「専任媒介契約」は買主を自分で見つけてくることができ、不動産会社を通すことなく直接買主と交渉し売買を進めることができるという点です。
契約期間も依頼者にとって拘束力が強いため有効期間が3ヶ月以内と定められおり不動産会社は仲介依頼を受けた物件の情報を指定流通機構へ登録を契約を結んで7日以内に行い業務処理状況の報告は2週間に1回行うことになっています。

不動産会社が他の不動産会社へ物件情報を提供する目的は宅地物件の最適な買主を迅速に探すことが目的です。
これにより他の不動産会社から買主の情報を得ることはできますが、専任媒介契約を結んでいる不動産会社しか仲介に入ることはできないので契約を横取りされることはありません。
反対に宅地物件の情報が提供されなければ最適な買主を探す範囲が小さくなります。これは不動産会社が自社の購入希望顧客との取引を優先して情報を不動産会社が抱え込んでしまう不適切な行為を防ぐためでもあります。
つまり不動産会社が限られた人にだけ情報を提供するということがないようするためなのです。