専属専任媒介契約の特徴

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

媒介契約の3に形態にはそれぞれの特徴がありメリット、デメリットがあります。まずはそれぞれの特徴を理解して自分の家を売るにはどの契約が合っているのかを判断することが大切です。
またどの媒介契約を結ぶにしても大切なのは希望の売却条件、売却後の仲介手数料、媒介契約の有効期間、不動産会社の義務などを明確にしてしっかりと自分の意思を伝えることです。

専属専任媒介契約「専属専任媒介契約」とは仲介を不動産会社1社のみと契約を結ぶことで他の不動産会社と重ねて仲介を依頼することは禁じられています。
さらには自分で買主を見つけてきたとしても媒介契約を結んだ不動産会社を通して取引を行うことが義務付けられています。
このことにより不動産会社からすれば買主を他の不動産会社に取られるということがなくなります。
したがって具体的に細かく手厚いサポートを受けることができ買主を探すことも全面的に不動産会社に任せることができます。
また不動産会社は指定流通機構へ物件の登録を契約して5日以内に行い、業務処理状況の報告を1週間に1回は必ず行う義務がありますので、他の契約より丁寧なサポートを得ることができます。
しかし不動産会社に課せられている義務があると同時に依頼者に対しても制約が多くあるので拘束力が非常に強い契約でもあります。